第1回総会

17年度活動方針を決定


 5月30日、特定非営利活動法人丹波・みわ野第2回通常総会が開催されました。三和荘の指定管理者に指定されたあとの最初の総会で、三和荘の運営方針や今後の展望などについて積極的な意見交換がおこなわれました。また、会員拡大目標を300名とし生き生きとしたNPO活動を目指すことを申し合わせました。


主な事業項目は次の通りです
1、三和荘等指定管理者の事業
 (1)三和荘の年間利用計画は、宿泊者数5、200名、宴会、会食利用者数(宿泊夕食含む)12、300名、レストラン24、000名、入浴者36、000名、一日に売上げ30万円、年間1億円をめざします。
(2)閑散期の格安パック、週替わりランチ、ビアガーデンをおこないます
(3)会席料理は、2から3カ月ごとにメニューの変更をおこないます。なべ料理は、9月中旬からおこないます。
(4)利用者アンケートを実施し、利用者の要望をとりいれた運営を目指します。利用者により便利な、また、運営者が働きやすいよう施設の改善を目指します。
(5)スポーツ施設の利用促進をはかります
(6)国道沿いのたて看板、のぼり、新聞広告など宣伝をつよめます。
(7)「三和荘たより」を発行します。


 この他、都市と農村の交流事業として、じゃがいも掘り、サツマイモ掘りなどを実施すること、三和荘を拠点とした散策道(万灯山登山道、井の奥公園までの散策道)などの整備を会員、ボランティアの協力で整備することなどを決めました。また、「文化、体育事業」としては、「ホール、ギャラリーを有効利用するため各種団体や町民代表による企画委員会を立ち上げ」健康、福祉事業として、健康福祉課と協議し健康体操、健康講座を計画するとしています。
 また、NPOの会員拡大目標を300名とすること、会員の各種事業などへの積極的な参加を呼びかけることなどを申し合わせました。